Archive for the ‘学習支援’ Category

【学習支援】カレンダーを用いて、時を表す言葉やその意味を覚える

2020-02-25

 明るく素直な性格で、友達とトラブルになることなく、仲良く過ごすことができています。自由遊びの時間には、おままごとやお絵描き、ボール遊び等をして友達や指導員と関わりながら楽しそうに過ごしています。戸外活動では、「今日はどこに行くの?」「僕は誰とペア?」と尋ねてくることが多く、活動を楽しみにしていることが伝わってきます。また、活動する際のルールを覚えることができていて、よく車の中で「ペアを守る、だよね」等と口にしています。ほとんどの場面では、ルールを守ることができていますが、時々興味を惹かれるものがあると、何も言わずにペアを離れてしまうことがあります。「別の所に行きたくなったら言ってね」と予め伝えておき、ルールを意識して行動できるようにしていきます。初めのうちは、ペアを離れてしまった時に声を掛け、ルールを思い出してもらいます。このやりとりを繰り返し経験してもらう中で、別の所に行きたいという意思を自分から友達に伝える力を育んでいきます。

 運動の面では、好き嫌いなく、どの種目もがんばって取り組んでいます。幅跳びのフォームが良くなったり、長縄で同じ方向を見て跳べるようになったり、短縄で前跳びができるようになったりし、少しずつできることが増えています。集団遊びでは、ルール理解が不十分な面もありますが、その都度動きやルールを教えてもらいながら取り組んでいます。特に鬼ごっこが好きで、何周も走り続け、がんばっています。以前気になる点として挙げていた、ふざけてしまう点に関しては、事前の声掛けにより改善しました。今後も楽しく活動してもらい、できることを少しずつ増やしていきます。
 排泄の面では、トイレに行く習慣がつき、失敗は一度もありません。入室時や戸外活動後等では他の子と同じように声を掛けていますが、その他の場面では、自分の意思で行くことができるようになり、改善しました。
 学習の面では、切り替えが早く、集中して取り組むことができています。最近は、ひらがなや数への興味が増し、車に乗っている時に看板の文字を読んでみたり、一緒に車に乗っている人の数やDVDに出てくるアヒルの数を数えてみたりすることがよくあります。また、公文の学習を通して、自分の名前を正しい書き順で書くこと、20までの数字を読んだり書いたりすること、正確に数えることができるようになりました。今後もこの調子でがんばってもらい、少しずつ確実に力を伸ばしていきます。
 コミュニケーションの面では、語彙が増え、お話が上手になりました。車の中では、学校の行事のことや家族で出かけたこと等をたくさん話してくれます。帰りの会の印象に残ったことの発表では、内容に具体性が出てきて、内容に関する質問にも答えられるようになってきました。また、時を表す言葉に関しては、「今日」以外に「明日」「昨日」という言葉が出てくるようになりました。しかし、時を表す言葉それぞれの意味理解に不十分な点があり、未来のことは全て「明日」、過去のことは全て「昨日」という言葉で表してしまいます。この点を改善するため、刺激等価性を活用し、支援を行っていきます。刺激等価性とは、「二種類の見本合わせ手続きを実施すると、具体物・音声・文字その他の関係が自動的に学習される」というものです。現時点では、二種類のうち一つ目の音声刺激と文字刺激を結び付ける手続きの部分はできています。今後は、二つ目の文字刺激と具体物(絵)を結び付ける手続きを行っていきます。まず、「おととい」「きのう」「きょう」「あした」「あさって」と書かれたカードとカレンダーを準備します。カレンダー上にカードを順番に並べる作業を通して、時を表す言葉それぞれの意味を覚えてもらいます。その際、時という抽象的な情報を視覚化して分かりやすくすることで、時を表す言葉それぞれの意味理解を促していきます。この手続きを行うと、文字刺激と具体物(絵)が結び付くだけでなく、直接訓練していない具体物(絵)と音声刺激も自動的に結び付き、日常会話の中でも「明日」「明後日」などという言葉を区別して話すことができるようになります。そして、日常会話の中で近い過去や近い未来が正しく表せるようになったら、「来週」「今度」などと言葉を広げていき、時を表す言葉を適切に使うことができるようにしていきます。

Juri, F.

【学習支援】公文学習を通して、計算力を伸ばす

2020-01-23

 明るく活発で、身体を動かして遊ぶことが好きです。自由遊びの時間にはS字鬼や色鬼などをして遊んでいることがよくあります。また、友達に優しく、誰とでも仲良くすることができます。運動遊びでは、どの種目も一生懸命取り組み、がんばっています。長縄や短縄が得意で、一定のリズムで長い間跳び続けることができ、持久力があります。集団遊びでは、積極的に参加してくれています。ルール理解力もあり、ルールに沿って楽しむことができています。
 学習の面では、学習への切り替えが早く、集中して取り組むことができています。公文では、1日3枚ずつ取り組み、コツコツとがんばっています。分からない所は自分から聞きに来ることができ、少しアドバイスすると「あっ、そういうことか」と言って戻っていきます。繰り返し取り組む中で分かる部分が増えてきて、分からないの一点張りではなく、アドバイスを前向きにとらえることができるようになってきました。ここ最近では、1年程前の学校の宿題で分からなかった2けたで割るわり算の筆算が一人でできるようになりました。少しずつの積み重ねでつまずきを解消できていて、公文の学習の成果が出てきています。また、たし算・ひき算のミスがよくありますが、1枚に1、2問程度で以前に比べれば減ってきています。間違い直しでは、直す部分を赤で囲って示し、負担を軽減できるよう配慮していますが、ほぼ自力で直すことができています。これまでの約1年で350枚、D教材の150まで順調に進んできています。今後も学習を丁寧にサポートし、さらに計算力を伸ばしていきます。

Juri, F.

【学習支援】計算ミスを減らす

2020-01-17

 学習は集中して黙々と取り組むことができ、がんばっています。公文では、帯分数のたし算の学習をしています。通分をしたり、仮分数を直したり、約分したりと、1問の中に様々な過程が含まれ難しくなってきましたが、コツコツと取り組み、いつも一定枚数ずつ進めることができています。
 本人の計算ミスの特徴を調べてみると、全体の約6割が帯分数の整数部分のつけ忘れ、約3割が約分忘れでした。また、帯分数の整数部分のつけ忘れのうち約7割が約分と帯分数の両方を処理する問題で生じていました。計算ミス全体の7割以上が約分に関連していることからも、約分が正しくできるようになると正答率がグッと上がると考えられます。約分忘れのほとんどは、分子が2桁の時に生じていることから、約分の処理自体を忘れているのではなく、約分ができることに気付けていないことが窺えます。この先13や17のような大きな素数で割る問題も出てきますが、まずは2・3・5で割れる数の特徴(それぞれの位の数を足して3の倍数になっていたら3で割れる等)を知ってもらい、基本的な約分付帯問題で誤りが出ないようにしていきます。慣れるまでは、約分時に帯分数の整数部分をつけ忘れていないか又は2・3・5で約分できないか等の見直しのポイントを視覚化し、意識しやすくします。今後学習を進める上で必要になってくる自分の間違いの特徴に気付き改善する力を育み、別の単元や教科の学習にも生かせるようにしていきます。

Juri, F.

【学習支援】学習時、その日の課題を終えることができる

2020-01-05

 学習の時間にぼーっとしてしまったり、気がそれてしまったりし、集中力があまり続きません。また、その日の課題(宿題と公文)を終えられなくても、気にしている様子はほとんどありません。「(宿題を)やってね」と声を掛け続けてもあまり効果が得られなかったので、その日の課題をやりきることを当面の目標とし、学習姿勢を改善していきます。事前に、行動の重要性を言語化し、学習に対する意識を変えていきます。課題をやりきったという成功体験を増やすため、「漢字は〇時〇分までに終える」等、いくつかの小目標を具体的に立て、目標達成の道標として意識してもらいます。また、気をそらさずに取り組む適切な状態を維持できるよう補助刺激を増やして見守り、集中して学習することを習慣化していきます。

Juri, F.

【学習支援】公文学習にコツコツ取り組み、計算力を伸ばす

2019-10-12

 明るく積極的で、友達と一緒に遊ぶことが好きです。自由遊びの時間にはS字鬼やボール当て、警察ごっこ等をし、友達と仲良く過ごしています。友達に優しいので、トラブルになることもありません。運動遊びはどの種目もがんばって取り組んでいます。縄跳びが得意で、短縄の前跳び100回を合格し、後ろ跳びに挑戦中です。長縄でも回旋ジャンプ100回を合格し、しりとりジャンプに挑戦しています。幅跳びでは、コツをつかんだようで、115cmから155cmへ大きく記録を伸ばしました。集団遊びでは、積極的に活動し、楽しそうに取り組んでいます。ルール理解力もあり、しっかりとルールを守ることができています。


 学習面では、公文学習を通じて、少しずつ自信がついてきているように思います。通所し始めた頃は「わけ分からない」と言って話を聞こうとしなかったり、直しの時にイライラしたりしていましたが、最近は、前向きに取り組むことができるようになってきました。公文は1日3枚ずつ順調に進んでいて、今月でC教材を終える予定です。C教材では、九九や2桁かける1桁の筆算、わり算、余りのあるわり算、1桁で割るわり算の筆算に取り組んできました。どの単元も90点前後の点数を取ることができていて、解き方をきちんと理解できています。これまでの間違いの原因は、主に計算過程のたし算やひき算なので、たし算やひき算を正確にできるようにしていきます。公文の教材は、似たような問題がたくさん出てきて、少しずつ難度が上がっていくことから、苦手を克服し、確実に身に付けることに適しています。本人は算数に対して苦手意識がありマイナスのイメージを持っていますが、公文は、ほとんどつまずかずに自分で進めていけたり、高得点が取れたりするので、算数のイメージが少し改善し、がんばろうという気持ちも出始めてきたように思います。この気持ちを大切にし、1日分の枚数を終えた時の達成感や自分で解けるようになる嬉しさを感じてもらいながら、さらに計算力を伸ばしていきます。また、半年間で1教材を終えるペースで進んでいるので、今年度中にD教材(2桁かける2桁の筆算、2桁で割るわり算の筆算、分数の約分)を終えることを新たな目標とし、学習をサポートしていきます。

Juri, F.


【学習支援】今やるべきことに取り組めない

2019-03-20

 学習の時間に頻繁にトイレに行くことがなくなり、長い間机に向かって座ることができるようになりました。しかし、未だぼーっとしてしまうことが多く、帰る時間ぎりぎりまで宿題をやっています。特に、漢字の宿題や計算問題の量が多い時に手が止まってしまいます。本人にとっては気の進まないことだと思いますが、今やるべきことを意識して取り組むことができるようにしていきます。


 帰り際になって終わらないと思うと焦ってやるという状態を改善するため、どのくらいのペースで進めれば全部の宿題を終えられるか、時間配分の目安を視覚化して分かりやすく示します。漢字ノート1ページは15分、漢字マスター1枚は5分、公文は15分というように、項目ごとに目標時間を設定し、その時間までに終えられるように声掛けをしていきます。


 手が止まっている時に声を掛けるだけでなく、がんばっている時にも「時間までにできそうだね」「いいペースだね」等のプラスの声掛けをして励ましていきます。宿題の分量に圧倒されてなかなかやる気が起きない時にも、このペースで進めれば終えられるというできた時のイメージをもってもらい、がんばれば終えられそうと思ってもらえるようにします。宿題を終えられた時にはほめ、次もがんばろうと思えるようにしていきます。

Juri,F.


【学習支援】学習時に集中力が続かない

2019-03-20

 学習時に集中力があまり続かず、公文や宿題がなかなか進みません。あくびをしたり、ぼーっとしていたり、他の子の様子を見ていたり、鉛筆の先をいじったりしています。その都度声掛けをしていますが、その時は学習に取り組み始めても、すぐに集中力が途切れてしまいます。帰る時間が近づいてくると焦り始め、いつも時間ぎりぎりまで宿題をやっています。学習内容はほぼ理解できているので、学習態度を改善していきたいと思います。


 まず、学習時には他の子とは別の机で壁の方を向いて座ってもらいます。目に入る刺激を減らし、集中しやすい学習環境を整えます。また、算数の問題では1問ごと、漢字練習では数文字ごとに休憩をはさんでいる状態を改善するため、「1列終わるまでは休憩しない」等と具体的な目標を一緒に考えて決め、実行できるように励まします。達成できた時にはほめて、次もがんばろうという意欲につなげていきます。そして、ある程度の時間は気をそらさずに学習することを習慣化していきたいと思います。


 公文では、ストップウォッチでかかった時間を計測しています。「何分だった?」と時間を気にしている様子も見られるため、このまま継続していきたいと思います。具体的な数字で比較できるので、記録更新の喜びや達成感を味わってもらい、学習意欲を高めていきます。また、「良いペースだよ」「その調子」「がんばってるね」等プラスの声掛けを増やして励ましていきます。

Juri,F.