【SST】相手に伝わるように話すことができる

2020-01-25

 お話することが好きで、色々なことを話してくれますが、発音が少し不明瞭で聞き取りづらく、内容が分からないことがあります。まだ利用回数が少なく、本人のことを十分に知っているとはいえないので、まずは遊びを通して距離を縮めていきます。また、戸外活動等で一緒に遊ぶ中で楽しさを共有し、共通の話題をもてるようにします。共通の話題であれば、話の内容をイメージしやすく、多少聞き取りづらい部分があっても「〇〇のことかな?」と確認することができ、話を完結させることができます。また、会話中に本人の話したことをそのまま返すことで「きちんと伝わっているよ」というメッセージを伝え、安心感をもってもらえるようにしていきます(オウム返しの傾聴技法)。

Juri, F.