10月, 2019年

【学習支援】公文学習にコツコツ取り組み、計算力を伸ばす

2019-10-12

 明るく積極的で、友達と一緒に遊ぶことが好きです。自由遊びの時間にはS字鬼やボール当て、警察ごっこ等をし、友達と仲良く過ごしています。友達に優しいので、トラブルになることもありません。運動遊びはどの種目もがんばって取り組んでいます。縄跳びが得意で、短縄の前跳び100回を合格し、後ろ跳びに挑戦中です。長縄でも回旋ジャンプ100回を合格し、しりとりジャンプに挑戦しています。幅跳びでは、コツをつかんだようで、115cmから155cmへ大きく記録を伸ばしました。集団遊びでは、積極的に活動し、楽しそうに取り組んでいます。ルール理解力もあり、しっかりとルールを守ることができています。


 学習面では、公文学習を通じて、少しずつ自信がついてきているように思います。通所し始めた頃は「わけ分からない」と言って話を聞こうとしなかったり、直しの時にイライラしたりしていましたが、最近は、前向きに取り組むことができるようになってきました。公文は1日3枚ずつ順調に進んでいて、今月でC教材を終える予定です。C教材では、九九や2桁かける1桁の筆算、わり算、余りのあるわり算、1桁で割るわり算の筆算に取り組んできました。どの単元も90点前後の点数を取ることができていて、解き方をきちんと理解できています。これまでの間違いの原因は、主に計算過程のたし算やひき算なので、たし算やひき算を正確にできるようにしていきます。公文の教材は、似たような問題がたくさん出てきて、少しずつ難度が上がっていくことから、苦手を克服し、確実に身に付けることに適しています。本人は算数に対して苦手意識がありマイナスのイメージを持っていますが、公文は、ほとんどつまずかずに自分で進めていけたり、高得点が取れたりするので、算数のイメージが少し改善し、がんばろうという気持ちも出始めてきたように思います。この気持ちを大切にし、1日分の枚数を終えた時の達成感や自分で解けるようになる嬉しさを感じてもらいながら、さらに計算力を伸ばしていきます。また、半年間で1教材を終えるペースで進んでいるので、今年度中にD教材(2桁かける2桁の筆算、2桁で割るわり算の筆算、分数の約分)を終えることを新たな目標とし、学習をサポートしていきます。

Juri, F.


【運動支援】適度に身体を動かす習慣をつけ、体力を伸ばす

2019-10-02

 運動遊びでは、得意・不得意に関わらずどの種目も一生懸命取り組んでいます。途中で「疲れた」「まだやるの?」と弱音を言うこともなくなり、最後までがんばることができています。集団遊びはルールをきちんと理解していて、ルールに沿って楽しむことができています。転がしドッジボールでは、最後まで当たらずに残っていることが多く、ボールをよけるのがとても上手です。ヘビとカラスでは、動き方に正確さだけでなく、素早さも出てきました。片足立ちのようなバランス系の種目はあまり得意ではないようですが、できるだけ長く立っていたいという気持ちがあり、コロンと転んでしまうギリギリまで粘ってがんばっています。初めは上手くできなくても、繰り返し経験し慣れてくると少しずつできるようになっていくので、チャレンジしようという気持ちを大切にし、維持できるよう励ましていきます。戸外活動では、サッカーやバドミントンをしたり、皆で鬼ごっこをしたり、アスレチックで遊んだりしています。室内で遊ぶよりも運動量が自然に増し、たくさん身体を動かして楽しそうに遊んでいます。これからも運動遊びや戸外活動を楽しむ中で適度に身体を動かしてもらい、体力を伸ばしていきます。また、様々な運動に繰り返し取り組んでもらい、できることを増やして自信をもってもらい、もっとやりたいという気持ちを引き出していきます。

Juri, F.


【SST】様々な活動を通して、友達との関わりを増やす

2019-10-02

 自由遊びの時間は、一人で遊んでいることが多いですが、友達との関わりも少しずつ出てきています。まだ友達に「鬼ごっこする?」「一緒にボール当てしよう」と誘われても「僕はいい」と断ることが多いですが、本人のしている遊びに友達を入れてくれることはよくあります。平日に通所し始めてから、友達にも慣れてきているので、今後さらに友達との関わりが増えるようにしていきます。まずは、全員で行う活動の中で、友達と関わる楽しさを感じてもらいます。例えば、運動遊びの集団遊びでは、ボール運びリレー・手押し車など友達と協力する種目やウォールボール・大玉転がしなどチーム対抗で行う種目といった友達のことを意識しやすい種目、鬼ごっこやフルーツバスケット、椅子取りゲームといった大人数の友達と楽しむ種目に取り組む中で「友達と一緒に遊ぶと楽しいな」「またやりたいな」という思いをもってもらいます。また、戸外活動のペア活動で色々な子とペアになってもらい、「〇〇君はこれが好きなんだ」「〇〇君はこれが得意なんだ」と友達のことをよく知ってもらったり、1時間程一緒に遊ぶ中で友達と楽しさを共有してもらい関係を深めてもらったりしていきます。様々な活動を通して、「もっと一緒に遊びたいな」、「もっと〇〇君のことを知りたいな」という気持ちを引き出し、自由遊びの時間にも自然に友達との交流が増えていくようにしていきます。また、一人で遊ぶこととは違った楽しさや面白さを感じてもらい、自分から友達と関わろうとする積極性も育んでいきます。

Juri, F.