開所から4か月が経過しました。

2016-08-14
 

運動遊びをとおして心身は成長します。

 

心の成長に比べて、わかりやすいのが身体的な成長です。

 

発達障害がある子どもには、体を思いどおりに動かすことが苦手な傾向があります。

 

これは、運動をするための情報を脳で処理したり、それを正確に筋肉へ伝えることができないからです。

 

ただ、発達の遅れが気になる子でも、運動遊びを習慣的におこなうことによって動きに正確性が出てきますし、脳の発達を促進する効果が期待できます。

 

b

 

 

監修 柳沢弘樹 (2015).

発達障害の子の脳を育てる運動遊び ―柳沢運動プログラムを活用して―

講談社 p.22

 

 

 

 

開所から4か月が経過しました。

 

子ども達の、出来るようになりたい、やり遂げたいという気持ちは、どれほど強くて大きいものか。

 

それをひしひしと感じながら日々の療育をおこなっています。

 

元々お友達の運動を見ているだけで、運動遊びに参加しなかった子が、今では笑い声を上げて走っています。

 

長縄跳びが苦手で、皆の前では跳ぼうとしなかった子が、個人的に相手をしてあげると、額に汗を浮かべ何度も繰り返し練習をおこないます。

 

好きだ、得意だと感じる運動遊びに対しては、教室にいる間中「やって、やって!」とおねだりをします。

 

みな、出来ないことが出来るようになりたいのです、上達したいのです。

 

無論、子ども達がそう考えながら行動しているわけではなく、子ども達が潜在的にもつ前向きな意識がそうさせているのだと思います。

 

保護者の方々とお話をする中、「興奮させなければ抑制力が育たないとは驚きだ、むしろその逆で興奮させないよう育ててきた」というご意見をいただくことも少なくありません。

 

例えば、じっと座っていられない子に、座っているよう指示を出すだけでは効果は得られにくいのです。

 

不器用な手先を思い通りに動かしたい場合も同様です。

 

発達障がいは脳の機能に問題があることが分かっていますから、目に映る事象を正すとともに、脳機能への療育も併せて実施するとより高い効果が得られます。

 

是非一度、お気軽にご相談ください。